本文へ移動

太陽さぎの宮こども園 遊具の紹介

園庭遊具

二人用ブランコ

子ども達の大好きなブランコです。
園庭遊びの時には列になって順番待ちをしています
ブランコの効果として、バランス感覚を養う効果。ブランコに座ったり、立ったりすることで、体が自然にバランスを取ろうとし、腹筋や背筋、足や腕など全身の筋肉に刺激を与えます。全身を使ってこぐことで体を支える筋力がつき、平衡感覚が養われるだけでなく、自分の体をコントロールすることを学べます。
また、順番を待つという行為により、社会性も身に着けることが出来ますね。楽しく運動してしっかり成長できるとってもよい遊具ですね。
 

中型滑り台

ブランコに並ぶ人気の遊具です。
転落事故等の防止のため、保育教諭が必ずついて安全に使用しています。
滑り台の効果として、バランス感覚を養うことや、階段での登る動作で、筋力がつき、平衡感覚を養うこともできます。
 
 

コンパクトジャングルジム

運動神経の発達にはジャングルジムのような狭くて入り組んだスペースに
体をくねらせながら一生懸命入っていっては、のぼり、降りる等の行為はとても良いそうです。
上記のような運動は、普段の生活の中では使われない筋肉がたくさん使われます。

4人用 登り棒

登り棒や木登り遊びは、上肢の屈曲優位、下肢の伸展優位の原則に則った遊びですので、このような遊びを子どものうちにしっかりと経験することは、体の発達やスポーツの上達にもつながります。
 

傾斜うんてい

うんていは子供の身体的知能を伸ばすのにとても優れた運動用具だそうです。自分の体重を腕で支え、交互に腕をだして体を前進させる運動は、脳を刺激し知性を伸ばすとてもよい方法だとも言われています。もちろん腕で体を支える運動ですから、握力もしっかりと鍛えられ、手のひらへの触覚の刺激となり、より器用に手が使えるようになります。

移動式鉄棒

保護者の方も子供の頃は、必死になって鉄棒で逆上がりの練習をしたことがあると思います。逆上がりもできるようになれば簡単なのですが、それまではうまく回ることができないで苦戦した方も多いのではないでしょうか?始めてうまくできた時の喜びは子どもの成長にとってもかけがえのない物ではないでしょうか。
鉄棒と言っても、逆上がりだけではありませんよね。鉄棒には体の至る処を効果的に鍛えられる要素も含まれています。昔から園庭や小学校の校庭にもある鉄棒は意味があってのものなんですね。
 

砂場

ユーモアなエッセイに定評のある作家。ロバート・フルガムの著書『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』というエッセイがあります。それほどに『砂場遊び』は子供の成長に必要な要素がつまった遊びだといわれています。
 
・砂を直接触る事や道具で何かを作ったりする事で、手や指でコントロールする事が身に付きます。
・道具のやりとり、貸し借りで社会性、協調性が身に付きます。
・お山やお団子等を作っていく過程で想像力と工夫をする事が身に付きます。
 
等々、そのほかにも砂場での体験でたくさんのことが身についていきます。
1
0
3
4
8
7
社会福祉法人若葉会
〒435-0028
静岡県浜松市南区飯田町1507
TEL:053-426-1515
FAX:053-426-1575
TOPへ戻る